桜井流お弁当作りの簡単ワザ

お弁当との出会い

 

幼稚園から高校まで一貫校に通っていた私。15年間、晴れの日も雨の日も、毎日お弁当の日々(笑)。
“給食”というものに憧れるほどでした。

15年間作り続けてくれた母には感謝です。しかし、
「自分だったらこうしたい!」
「これ入れたい!」
「こう詰めたい!」
というお弁当に対する溢れるほどのたくさんの思いがありました。
私にとってお弁当箱はキャンバス。何もない空っぽの空間を美味しいものでカラフルに埋めていく――こんな楽しい作業は他にありません。
いつの間にか毎日作ることが趣味になりました。

 

お弁当への想い~発達障がい児を持つ母親として~

 
娘は「広汎性発達障がい」という障がいがあります。分かりやすくいうと自閉症です。
この自閉症という障がいの特性上、とにかくこだわりと偏食が酷い!
毎日の食事のことを考えるだけで、頭を抱える日々でした。
いろいろとお料理しても、こだわりの強い娘は決まったものしか食べません。
白米、ミニトマト、納豆と、これしか食べない時期さえあったほど。
そのため外食にもあまり行けず、私自身、「食べること」自体がつまらなくなってしまいました。
 
あんなに大好きだったお料理なのに、つまらない――そんな日々の中で、「これじゃダメだな」と思い直した私が考えたこと。それは、
「食べてくれなくても、食卓に並ぶお料理やお弁当はカラフルに、目で楽しめるにしよう」ということ。
これが、私がお弁当作りやお料理に没頭するようになったきっかけです。

食べなくても、見た目がカラフルなだけで楽しい気持ちになれる。
お弁当は朝からお昼までに使ったエネルギーをチャージするもの。
まずは、蓋を開けた時にテンションがあがるようなお弁当を作ろう。
お腹いっぱい、栄養いっぱい、心も身体もしっかりエネルギーチャージして午後も頑張る!
お弁当とは、夜まで頑張るために昼に注入するカンフル剤だと思っています。

また、カラフルなお弁当には“周りを幸せに出来る”というハッピーな力があります。
お弁当で、ひとりでも多くの方が幸せな瞬間を、楽しい時間を過ごしてほしい――それが私の願いです。

桜井流!お弁当作りの極意

 
その1【作る人がとにかく楽しむ】
作る人がハッピーなら、皆ハッピー。どうせ作るなら、どうせ時間を使うなら、1分1秒楽しむ!
 
その2【蓋を開ける自分をイメージする】
これは……文字通りそのままです(笑)。
「どんなお弁当だったら、自分はテンションがあがるのか」ということを妄想しながら作りましょう!
 
その3【カラフルに!】
栄養はもちろん、ビタミンカラーを多用して、見た目からも元気をチャージ!
不足しがちな野菜をカラフルに入れることによって、自然とおかずの種類も豊富になります。
 
その4【隙間は何がなんでも埋める!】
お昼にお弁当を開けてみたら片側に寄ってしまっていた……誰でも1度は経験したことがあると思います。
その原因は隙間。お弁当に隙間があると、移動中にお弁当箱の中で詰めた位置から動いてしまいます。
これを防ぐポイントは“おかずが動く隙間を作らない”こと!
ぎゅうぎゅうでいきましょう!
 
その5【時短料理をフル活用する】
お弁当を作るのは朝のバタバタする時間。だからこそ、おかずは時短料理をフル活用しましょう。
手間はかけない!洗い物は極力出さない!
 

使える!お弁当用おかずのオススメ材料はコレ!

 
桜井流のお弁当に欠かせないおかずの材料のランキングです。
どれも近所のスーパーですぐに買えるものばかり。
手軽な材料で、美味しいお弁当を作ってみましょう!

【1位】カラフルな野菜
ミニトマトをはじめ、カラフルな野菜はお弁当の陰の主役!桜井的お弁当のマストアイテムです。

【2位】たまご
色々なお料理に変身してくれる玉子。黄色や白という彩りが加わるので、お弁当を一気に華やかにしてくれます。

【3位】ちくわ
なんといっても低コスト!そのままでも、炒めても、煮てもよし。あるととにかく便利な一品。

【4位】ウインナー
みんな大好きウインナー。カットの仕方で色々楽しめます!

【5位】チーズ
味や栄養面はもちろんのこと、いろんな形状のものがあるので、上手く使いわけることでお弁当がランクアップ!

【6位】マカロニ
可愛い形や色のものなど種類豊富。マカロ二サラダは空間を埋めやすくお弁当には最適です。

【7位】のり
お弁当にはかかせないアイテム。のりの黒色が入るとコントラストがはっきりするので、お弁当の見た目がしまります!

【8位】缶詰、瓶詰商品
あらかじめ加工してあるので、時短料理には最適。時間のない時の強い味方です。

【9位】ハム
可愛らしさを演出するピンク色ならハムが一番!これを使うと一気に華やかになります。

【10位】かにかま
味もしっかりついていて使いやすい。また、赤い色がgood!デコる時に便利なアイテム!

お弁当作りに必要な“3大アイテム”とは?

 
私のお弁当作りに欠かせない3つのアイテムをご紹介しましょう。
これさえあれば、楽しくお弁当を作ることができます!

まずは欠かせないのが「お弁当箱」。お弁当箱は、その人の食べる量に合わせて選ぶことが大切です。
お弁当箱の内側が明るい色の方が、美味しそうに見え、お弁当を開けた時にテンションがあがります。

そして2つ目は「おかずカップ」。定番の紙のものからシリコン製のものまで、いろいろなサイズや色味のものを用意しておくと便利です。

最後は「ピック」。簡単にいうと“爪楊枝の可愛い版”ですね。
これを使うことで、見た目はもちろん可愛いく華やかになり、そして食べやすさも格段にアップします。
キャラクター物も含めたくさんの種類が販売されているので、いろいろなタイプのものを揃えておくと、これまた便利なアイテムとして活躍してくれます。